読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よみびとしらず

いたいのいたいのとんでいけ〜!

ライナーノーツ?前記事「もしも King & Queen & Joker/Sexy Zone が舞台になったら」解説

 

単なるハッピーでアイタタな妄想を投稿した前記事。

nononame.hatenablog.jp

 

本当はもっと気持ち悪いヘビーな細かい設定があったりしました。
でもそれを全部盛り込むと収集がつかなくなるので泣く泣くカット。
そんな裏話の部分と、壮絶な選抜レースを勝ち抜いた31曲の選考理由を、キーとなった歌詞の引用とともに解説(?)してみようと思います。
ライナーノーツなんておこがましいのですが、諸々ご理解いただけましたら…もしよろしければ本編とあわせてお楽しみいただければと思います。(本編より長いです)

 

f:id:nononame:20170421023452p:plain

<Sweety Girl>

Sweety Sweety girl ドタバタな恋模様
どれもが名シーン

本気なんだ 生半可な恋じゃない

So Baby 君は僕のもの 大好きが止らないんだ*1

 

回想シーンの始まり、ストーリーの起点となる曲。
KQJの怒涛の展開に入る前に自己紹介として聡マリちゃんたちのふあふあ感から始めたい、という願望もあったのですが…

どちらかと言うと5年後のMr.風磨が「オレ青春フェチだから~」とか言って思い出すこのKQJのドタバタな恋模様って「Sweety Girl」みたいにかわいい名シーンになってるじゃないかな?なんて思いました◎なので実はJOKER目線の選曲◎

 

 

<Welcome to the paradise>

Welcome to the paradise
今ここに来てよ
いつも君の 隣に いるのに
Missing you, Calling you, Oh baby, Hold you*2


マリウスくんのシュミッヒ家は代々王家にお仕えするハイクラスな貴族です。そんな高貴な家系のマリウスくんは「シュミッヒ家に天使が来たらしいぞ…!!!」なんて噂されたほどキュートな見た目とプリティーなキャラクターで小さいころから舞台に立っている話題の御子息です。
そして「清く正しく美しく」という家訓の下、セレブな環境で貴族としての立ち居振る舞いを両親から叩き込まれながらすくすく大きく美しく育ちました。

感謝祭はとにかく豪華で華やかなロイヤル感を出したい!それならばマリウスしかいない!
ケンティー王子も太鼓判の選出です。
せっかくだから大階段作ってもらおうねマリちゃん!

 

 

<CANDY ~Can U be my BABY~>

Candy 恋すれば You're my sweetie pie
言ってみよう 好きと Go! Go! Go!
I'm loveholic*3


マリちゃんの紹介から始まるケンティー王子のソロ曲。
ケンティー王子は、偉大な王様の意思をちゃんと引き継いでいる王子様。勝利姫はもちろん国民全員ひとりひとりを恋人のように大切に、真っ直ぐに楽しく平和を叶えようとする責任感溢れる王子様です。
まぁ…ケンティーそのものですよね!自己紹介ソングはこれが最適!
そんな聡明で国民想いの好青年ですが、勝利姫との運命を信じて疑わずにそこに関しては楽観的だったり、おぼっちゃまらしく繊細だったり人任せだったり時には手段を選ばないところもあります。つまり全ての王子様像を背負ってほしい(?)です。
実在のケンティー自身は甘い言葉を言う若手ジャニーズとして話題になったから、世間一般のイメージはもしかしたら「オタクちょろいって思ってるだろう?」かもしれないけど(思ってた)、だったらいっそこれくらい振り切っておとぎの国の王子様みたいにぶっ飛んだ役を全うした方が本当の一生懸命なケンティーが見れる気がします!!(重い)

 

 

<Party up!>

今は誰もがsuperstar
好きなように踊って
夢が今現実になる
Can't stop! Baby! Baby!*4


オレ風磨、よろしく
な曲にしたかったのですが、何しろ勝利姫が一目惚れする曲なのではしゃぎすぎず、色気も欲しくて。そして、究極にほどよかったのがこの曲。
全国民を虜にするつもりでとにかく100%のMr.風磨が見たい◎
何しろこのストーリー、この圧巻のパフォーマンスがきっかけで王子様に見初められてロイヤルファミリーにお近づきになれる一般人(Mr.風磨)のシンデレラストーリーですから♡

 

 

<君にHITOMEBORE>

だって手をのばしても届かないアナタは
眩しすぎる完璧なるヴィーナス

運命にくちづけて危険なこの恋に
焦がれる僕 黒猫が笑うよ*5


聡マリの回想の中で「ここでHITOMEBOREか~!!」と聡ちゃんが納得する場面◎
感謝祭が終わると勝利姫とMr.風磨がいい感じになっている訳ですが、勝利姫の惚れ惚れ感だけでなくMr.風磨の心理描写として繋げる役割をこの曲が果たしてくれたらな、と。
そして、このクセの強さをここで使わないでどうする!
ちなみに(?)
子どもの頃、ケンティー王子、勝利姫、聡マリでお付きの大人たちと一緒に森へ行って遊んでいたとき(わりと自由)、勝利姫とマリちゃんがはぐれてしまったことがありました。(お付きの大人たちの心中お察しします)

小さいマリちゃんがわんわん泣くので勝利姫は泣くに泣けず不安なままケンティー王子が見つけてくれるのをじっと待っていました。
そんな時、学校帰りの年上の男の子(通学路ではなくショートカットコース)が声をかけてくれました。それが幼き日のMr.風磨。
勝利姫もやっと安心することができて泣いてしまいます。そしてその男の子は怖くないように2人の手をしっかり繋いでケンティー王子の元に送り届けてくれました。
後日、その誠実さに感謝感激したケンティー王子はその男の子へ当時出はじめたばかりのiP◯dをプレゼント。それがMr.風磨の音楽のルーツです。

みたいな裏設定があったりします。(変態)
シャイなMr.風磨は、忘れているかもしれないケンティー王子にも勝利姫にもそんなことがあったとは自分からは言わないかもしれません。
でも「友達が応募したんで来ました~」みたいな気怠さを出しているくせに、実は運命的に出会った勝利姫にもう一度会いたいと思っていたわけです。
そして、あまりにも美しくなっていた勝利姫に一目惚れしてしまったんですね!!

 

 

<ダンケ・シェーン>

そうさ ダンケダンケダンケシェーン ダンケダンケダンケシェーン
サンキュー愛を奏で この世界にありがとう*6


かわいい!!!!!!
感謝祭のマスコット的存在、隣国の執事の持ち歌を閉会式の公式テーマソングとして採用◎
最後にお城の前の広場でみんなで歌うと「あぁ…今年も夏が終わったんだなぁ」って切なくなるし「明日から王子様とお姫様と私たちの幸せな未来のためにお金稼ごう」って前向きになれるんです。なれるんですよ。

 

 

<Teleportation>

もしキミが泣いてるなら
熱い衝動がこみ上げて
遥かな距離も 飛び越えてゆく
今すぐ抱きしめたい*7


だって聡ちゃんがケンティーと踊りたいって言ってたから◎
と言うのもありますが、本来この曲は遠距離恋愛に挫けそうな彼女を想っている曲。(ですよね?)
ネタ的に使ってしまって本当に申し訳ないのですが、嫌気がさして未読スルーの勝利姫とは対照的に、心の距離ではなく物理的な壁(アプリのバグ)だと信じている本気の王子が滑稽に見えればなんぼです。

 

 

<私のオキテ>

一度にたくさん言われても
頭になんか入らない
シンプルに一つだけ
愛だけを叫べよ*8


本当は勝利くんのソロをもっと入れたかったんですけど役柄的に合う曲がなくて無念です(仕方ない)
その中で唯一、女の子~!な曲。
細かい歌詞の内容はさておき、気が強くて小悪魔でケンティー王子を翻弄する勝利姫のソロ1曲目自己紹介ソングにぴったり!
ちなみに「女の子は忙しいんだから帰って!!」なんてケンティー王子を追い払った勝利姫ですが、人並みにオシャレは好きでも自分の美しさには無頓着なので美容プログラムはいつもマリちゃんに任せっきりです。
マリちゃんに「もっとお姫様らしくして!もったいないよ!」と怒られるのでしぶしぶお肌や髪のお手入れをしてネイルやヨガや半身浴やエステやハーブティーやらをやっています。なのでケンティー王子を追い返す理由にしたのはちょっと卑怯でしたね!!!そりゃケンティー王子カワイソウ…

 

 

<Mr.Jealousy>

更新はあるねえ?
スルーしてるね?
アイツのメッセージ
増えていくね?*9


ぼんやり考えていた時からレギュラー入りが決定していた曲。KQJのMVでKingに反発するQueenのシーンに繋げて使いたいと◎
こんなにピンポイントにストーリー展開を作ってくれたらその通りにやるしかないな、と言うことで。
どんなにLINEを送っても未読スルー。でもTwitterでMr.風磨とやりとりしている…。と言うシーンになりました◎(そのまま)

 

 

<ぶつかっちゃうよ>

すべての道 君へと 続いてるんだ ワクワクさ
咲いてゆく 花になれ 綺麗だよ Tonight*10


この曲でJr.たちと一緒に会場内をドタバタと走り回ってほしい、それだけです◎
ケンティー王子が右を指差したら家来たちはそっちに走ってみたりしてほしいですね!!!(楽しそう)

 

 

<まだ見ぬ景色>

Don't stop 過去など脱ぎ捨て Go away
Danger 痛みは承知で Action
Discover Let the experience
Venture into unknown world*11


Mr.風磨とのデートはケンティー王子とは違う魅力があって、勝利姫にとってとても新鮮な1日でした。
安全運転で守られている感じが嬉しいケンティー王子とはひと味違って、片手で運転している姿がセクシーでグッとくるし、クレバーでウィットに富んでいてサプライズが無くてもお話をするだけで楽しかったし、ふざける時は一緒にふざけてくれるし、いつも一緒にいる人たちとは違って溺れるほど甘やかしてきたりはしないのにふとした瞬間に優しい。
そして一見チャラそうなのにお父さんみたいな持論を展開してくるところもズルい。
(Mr.風磨には「優勝の特典"ご褒美デート"」なんて言っていたのに本当は嘘をついて外出していたのがバレてしまい、しこたま怒られてすぐにお城に送り返されたのですが、下手したら誘拐犯になる(?)自分の立場の心配よりも勝利姫を一番に考えて怒ってくれたMr.風磨にときめいてしまう、と言う初デート設定)

ケンティー王子とのキャッキャ♡と楽しくてハッピーでサプライズなデートが大好きだったはずなのに、勝利姫はナチュラルな恋愛というものを知りたくなってしまったんですね。
そんなことを考えている時にいつも通りたっぷりと愛情を注いでくれるケンティー王子と、その運命に疑問を抱いてしまった。

ケンティー王子が嫌いになったわけではないけど、つい勢いで自由を求めて家出してしまった勝利姫の意地を表す曲です。

 

 

<Be Free>

たまには一人きり 邪魔をされずに
好きなだけ 気のままに 楽しめばいい Woo...*12


ケンティー王子の事を考えたくなくてケンティー王子からの通知を切って風磨くんの元へ向かう勝利姫。
この曲とMr.Jealousyを繋げて使いたくて昔話ではなく現代の設定になりました◎

 

 

<Don't Stop Sexy Boyz!>

今は何を求めて wow oh oh oh
突き進んで行こう 高い壁だって飛び越えて*13


大好きなケンティー王子と勝利姫が困っている!!
ここは執事の腕の見せ所です。
とにかく踊って踊って走って飛んで跳ねて回ってSexy Boyzたち(※家来)はケンティー王子に尽くします。
誰も止められない~!

 

 

<Love風>

うるさいくらい
「好き」とか言っちゃったかな
躊躇いなんかなく
ちゃんと信じてくれているの? Oh...

この季節通りすぎて、
誰かに「愛してる」と伝えても
君のカラーは
いつの日からかな
僕と同じ気がした*14


呑気に森へ続く道のどこかで会えたなら一緒にテーマパークに行って仲直りしよう!なんて思っているときに最年少マリウスに本質を突かれてしまいうなだれてしまうケンティー王子。でもケンティー王子はまだ運命の力を信じています。まさにこの曲。このためにLINEの画面を作りました◎
本当、ケンティーの曲は使い所が多すぎて困りました。(ブラシンとかも十字を切って剣をとる前らへんで使いたかった)
姫はMr.風磨の元へ行ったのかも!?なんて時に「価値観のズレ、ケンカ、当たり前のこと幸せさ」なんて言ってしまうんだからこの王子様最高じゃないですか。

 

 

<It's Going Down>

夢を見ているような
流れる瞬間(とき)抱いて
揺れる音の中 今踏み出そう*15


パリピ感を出したい場面だったのでこの曲で◎
とにかく、仲良しのJr.の皆さんといつも通りウェイウェイしていて欲しい。この時ほどその効果を発揮することあるか?っていうくらい、ウェイウェイしていて欲しい。一目で「あ、、、カースト上位の人たちだ、、、」って一般女子がその場から消えたくなるくらいウェイウェイしていて欲しい。

 

 

<But...>

今さら Don't lie to me
素直な気持ち話してよ
But...but...but...
I might be the one who isn't honest enough
I love you but...*16


積極的な勝利姫に「いい感じ?」って思えるのに「やっぱり1番はケンティー王子なのかな?」って思ったり、勝利姫に翻弄されているMr.風磨。
本当はどっちなの?俺は君を愛しているしそばにきてほしい。
翻弄されてるこの曲◎

 

 

<...more>

いつか二人 同じ道を
並んで歩いて行くこと今誓うから
ねぇ…いつまでも
一歩前でその手引くよ どんな日も*17


甘ーーーーーーーーーーーーーい!!!!!!
「子どもの頃、手をつないで歩いたこと、
 勝利姫は覚えていないかもしれないけど…
 俺はいつだって変わらないよ、今も、これからも、どんな日も」
なんてキザなこと言いたくなってしまいますね。
※参照:君にHITOMEBORE
国家を揺るがすスキャンダルになりかねないんだから…ダメ、絶対。
とか言いつつ、本心はやっぱり勝利姫を離したくないんです。
そんなMr.風磨の本音が聴こえる曲◎

 

 

<誰にも解けないミステリー>

君の瞳が仕掛けたミステリー
たぐり寄せたい この手に
追えば追うほど
手を伸ばすほどすり抜ける*18


ケンティー王子とMr.風磨のどちらが先に勝利姫を見つけるか、どちらが勝利姫の心のミステリーを解くか試されるときに最適の曲◎
舞台は生もの。ここは各々の役の行動をアドリブで表現してほしいな、って思いました。勝利姫が落としていったヒントをたどって、思わず客席が応援したくなるようなドキドキの時間になれば楽しい◎

 

 

<GAME>

勝利の女神を賭けた 男と男のGame
俺だけに 俺だけに 微笑んでくれよ*19


剣をとって、この恋がどっちのものになるのか、
命をかける瞬間が訪れました。

それにしてもMr.風磨のケンティー王子を咎めるあの表情最高じゃないですか?KQJ MVの中のベストショット◎
ギターを勝利姫に弾いてほしいのはスパニッシュ情熱的なフラメンコギターを爪弾く勝利君が見たいだけですすみません。まあ勝利の女神の音色に合わせて対決をするケンティー王子とMr.風磨の図というのは何とも趣深いではないですか。(そういうことにしておきましょう)

それはさておき、この曲自体やんちゃな学園ドラマの最終回で最後の20分くらいは作れそうな曲。
それがおとぎ話の決着シーンにもピッタリなんだから振り幅最高です。てかむしろKQJのための曲じゃないんですかこれ??????

さて、ここで大問題です。
決着はどうつけるべきでしょうか。血は流したくない(そういうグループじゃない)
当初は1曲ずつ披露して勝利姫が選べばいいのかとも思ったのですが、いざとなったら勝利姫がどちらかを選べるとも思えないし、そもそもこの戦いに勝利姫の意思はあまり無い気がします。なぜならただ単に男と男のGameだから。

そうなるとやはりハニーたち(※国民)の一般投票(と言うテイ)なんでしょうね…???
大サビあたりのスクリーンでリアルタイム集計を映す演出が必要ですね!

 

f:id:nononame:20170426005508p:plain

 

 

<rouge>

Baby, Baby, Please don't say good bye あと少しだけでいい
Baby, I just can't stop loving you どんな罰も受ける Uh*20


無敗の男、負けず嫌いなMr.風磨が勝ったわけですが、心のどこかでは「王子様はお前なのに俺が勝ってどうする!?」と、国家の平穏のためにも本家のケンティー王子が勝つべきだと思っています。
それは、ケンティー王子の努力や才能、苦悩をハニー(※国民)の1人としてずっと見てきているから。

だからこそ、勝利姫をめぐって手を抜くのは失礼ですし、もちろんMr.風磨も勝利姫に対しては本気です。

そうは言っても、この勝利姫への想いは期限付きだとわかっていますし、この結果でどんな仕打ちにあっても構わないと覚悟を決めた曲です。

そして自分はリア恋枠なのでどうしても一般投票で票を集めてしまいがちですが、後日きっと自分自身の無敗の立場なんかより、この戦いで自信を無くすかもしれないケンティー王子にさりげないフォローを入れているはずです。
さりげないフォローの内容は2017年3月25日(土)のNHKラジオ第1「らじらーサタデー」をご確認ください。

 

 

<ディアハイヒール>

もしもあなたの側に
寄り添う光があっても
見ないフリして
愛させて?
バイバイは言わない
あと少し.....*21


未練たらたら。わかりやすく落ち込むんじゃねーよ!!な曲◎
ピアノを弾きながら儚げに歌ってほしいのですが、この瞬間は会場内も「おいしっかりしろ!!」ってなってほしいです。
大切な楽曲こんな風に使ってすみません!!!!!!!

 

 

<Break Out my Shell>

誰だってときに 弱音に溺れたり 涙する 夜もあるはずさ
だけど絶対 自分だけは 諦めないで*22


聡ちゃんは代々お城の建築や修繕をしているSexy王家お抱え大工の跡取り息子でした。(パパは隣国シュミッヒ家の豪邸も建てました◎)
お父さんの仕事場であるお城は聡ちゃんにとって馴染みの遊び場です。
いつもみたいにお父さんに着いて来て1人で遊んでいると「よくわからないけどここに住んでるって言っている知らないお兄ちゃん」が話しかけてくれました。
それからは聡ちゃんも「お兄ちゃん遊んで~!」というノリで会いに行くように。
聡ちゃんにとってそのお兄ちゃんはかっこよくてなんでもできてスーパーマンです。特に初めて教わったダンスは、聡ちゃんにとって「悔しいこともあるけど、とっても楽しいこと」になりました。

そんなある日、聡パパの元に王室の担当者から通達が届きます。
次の仕事の依頼かと思いきや「息子さんを王子の奉公に出してくれないか」と。
しかも王様直筆のお手紙付き。

その内容は「ケンティー王子はひとりっ子だが聡くんを本当の弟のように可愛がっている」「勝利姫やマリウスくんのことと同じくらい聡くんの話をしている」「無理にとは言わないから考えてほしい」と。
何も知らなかった聡パパは腰を抜かして驚きます。(聡から聞く感じだと遊んでくれているお兄ちゃんは奉公に来ている普通の男の子だと思っていたし、ゆくゆくは挨拶に~と思っていた)
家族は「いい話じゃない?聡には合ってるよ」と言いますが、お父さんは危なっかしくて繊細で大雑把な息子に務まるわけがない!!!と断ってしまいます。
でも本心は「松島組の跡を継いでほしい」「みんなで平穏に暮らしたい」と言う親心でした。

ところがしばらくして、初めてケンティー王子にダンスを教えてもらっている息子を見つけます。
聡パパはその光景に見入ってしまいました。

幸い、松島組には家族のように可愛いがっている腕のいい若い職人はたくさんいます。
「聡をケンティー王子に託そう」

それからは兄弟みたいにケンティー王子と聡ちゃんは育って来ました。(長い)
ハニーたち(※国民)の好きなエピソードは聡ちゃんが里帰りするときにケンティー王子が家の近くまで送ってあげていた、という目撃情報です。

ずっとずっとかっこよくて優しくて前向きで頭も良くて物知りで楽しくて歌もダンスも上手でピアノも弾けてそんな憧れのケンティー王子が後ろ向きでかっこ悪いなんて嫌だ!!そんな王子見たくない!!!!!
という思いで殻を破った聡ちゃんがケンティー王子にガツンと言ったわけです◎

どこかに入れるのは絶対だと思っていたんですけど、聡ちゃんには映画版のび太くんになって欲しかったのでここで!!!
あとはこのシナリオ自体、本当はJokerに負けたところで終わっても良かったんですけど…この前のらじらーで「落ち込んでる王子様に一言」の意味を理解できずトンチンカン言っていた聡ちゃんと、例え話に中島を出す風磨くんがいたのでそのまま採用しました!!!なんていっていたらちょうど今またらじらーで「松島は最後にうるっとくるような感動させる役が合う」って風磨くんが言ってたのでよかったです◎

 

 

<勇気100%>

がっかりして めそめそして どうしたんだい
太陽みたいに笑う きみはどこだい*23


伝統曲なのにすみません!!!
これは聡ちゃんはもちろん、全国民からケンティー王子へエールです。
ちなみにこんな事態になってSexy王国のハニーたち(※国民)は勝利姫とMr.風磨のことを叩きまくるんじゃないか??なんてヲタク的には思ってしまうのですが…
Mr.風磨の新鮮で圧巻のステージを見ているハニーたちは「わかる」ってなっているので、「ケンティー王子も頑張れ!!」って言ってくれます。
そして勝利姫が魔法の言葉「Sexy Rose」と言えば「キャーーッッ」となってみんなが幸せになる穏やかな世界です。何ら問題ありません!!
Sexy時代を創った世界はフェアですね!

 

 

トラフィックジャム>

キミとの些細な会話が ボクに力をくれる
どこにいてもどんな時も ほら笑顔だよ*24


お茶会の締めくくりも聡マリにふあふあして欲しかったので◎
久々の休日に君と2人~!!再会おめでとう~!!
この物語、展開の起点のほとんどは聡マリちゃんのどちらかになっているのはお気づきでしょうか?どんな時もケンティー王子、勝利姫、Mr.風磨にとって2人はとても大切な存在です。
…これからたくさんソロ曲作ってもらおうね!!!!!!!!!!!

 

 

<Electric Shock>

白も黒も 未来も過去も
消えるBorder Line 解け合うYou & Me
計り知れない Powerに変わる*25


そしてやって来ました。今年の感謝祭。
国家総出の行事なので、気合の入ったふまけん見せてね!と言う気持ちで◎
ケンティー王子とMr.風磨を手のひらで転がす影のプロデューサー勝利姫は1年間冷静になって2人を見てきました。そして結局ハニーたち(※国民)と同じように純粋にこの光景が見たかったんです!!化学反応待ってました!!!

 

 

<Hello>

映画で見た景色 (For me)
ヒロインは他にいない It's you!*26


<Hey!!Summer Honey

キミを迎えにきたんだ
Tonight 奪いたい
I'm your Butterfly*27


昨年のふたりは全く対照的な曲だったけど、今年は寄せてみました、みたいなご機嫌パーティーチューンを2曲続けてどうぞ!!!!
お互いのバランス見て一生懸命2人で新しい曲を作ったんですね~!!(設定)
でもその上で勝利姫へのアピールも忘れないギラギラなふたり!!

 

 

Lady ダイヤモンド

Lady Lady ダイヤモンド 君しかないよ
Are you Ready I Love You 離さないから
僕なら輝かせてみせる
キラキララ キラキララ
君は僕だけのものさ*28


1年間の成果を披露する曲その④
ここからはみんなでパフォーマンスです。
そしてキラキラ増した2人はその溢れんばかりのキラキラでダイヤモンドのように美しい勝利姫を輝かせてみせます。
そんな2人に対して、勝利姫はどっちつかずで翻弄させるような5・7・5。
勝利姫だって実に悩ましい。めっちゃわかる。
さて勝利姫はどちらのものになるのでしょうか^^

 

 

<バィバィDuバィ ~See you again~>

さぁみんなで 手を叩こう
1、2の3 空の下で
ほら Step, Step, Step
また笑顔になれるでしょ?*29


1年間の成果を披露する曲その⑤
こういう曲も俺ならカッコよくできるんだぜ?と、表現の幅を広げてきた2人が見ものです。
ちなみにケンティー王子の海外行脚は、国営放送の密着カメラが入っていたので1クールごとに4時間の特番で放送されていました。
Mr.風磨はもちろんチェックしていて士気を高めていましたし、勝利姫も衛星放送でマリちゃんと一緒に観て、もう一度部屋でこっそりその勇姿に涙したりしていました。
シャイなMr.風磨は観ていたことを言えばケンティー王子がこっちが恥ずかしくなるくらい尻尾振って喜んでくれる事を知っているのであえて言いません。
でもケンティー王子と聡ちゃんが思い出話に花を咲かせているとき興味なさそうなふりしてまじまじと耳を傾けている事を勝利姫とマリちゃんは知っています。


Sexy Summerに雪が降る

一年中の愛を込めて 告白するよ Beautiful night*30


ついに1年間磨いてきた愛を告白する時が来ました。
このワンフレーズと最後の台詞が使いたくて、そして豪華版KQJに繋がるようなノリノリの曲として満を持して登場です!!!!!
こんなに前後の繋がりがしっくりくるセクサマはあるでしょうか???(自画自賛

 


<King&Queen&Joker>

You are Joker
2人は King & Queen
どこにいたって You & Me
みんなが願う そうさ この し・あ・わ・せを
離さないよ
2人は King & Queen
いつも笑顔見せてよ Queen
これが僕たちのね 運命なんだよ
King & Queen & Joker 奪い合う ラヴ♥トライアングル
I give you my all*31


やっとラストでこの曲がやってきました!!
5人はみんな仲良く暮らすことにしました。めでたしめでたし。
そんなトンチキハッピーなフィナーレにふさわしい、超豪華なKQJが見たい(願望)
カーテンコールで号泣している自分が見えます。
もしもまだこの曲をちゃんと聴いたことがない方がここまで読んでくれていたとしたら、1度でいいのでしっかりと歌詞を見ながら聴いてみてくれればうれしいです。後悔はさせません!!!!!!!(?)

 

 

f:id:nononame:20170421023452p:plain

 


もともと楽曲繋げてドラマ作ってほしい芸人だったのですが、
これは舞台だろ!!と衝撃を受けたのがこのKQJ。

そして菊池風磨くん主演ドラマ『時をかける少女』のロミジュリ文化祭シーンを見て

好きだったな~~文化祭
あ~懐かしいな~いいな~またやりたいな~

とか考えていたら、、、
徹底的に文化祭発想なのに徹底的にハイクオリティで実現してほしい…という願望がふつふつと…。そしてかなりの時間を経てこういうことになりました。


と言うわけで…最後までお付き合いありがとうございました!!
いつかまた気が向く日まで^^ダンケ・シェーン!

 

 

#言わずもがな、全てフィクションです
#最後まで気付かないふりしていましたけど…
#Kingは王子と言うより王様だし
#Queenは姫と言うより女王様
#ま、いっか
#最後の最後までSTY
#そして三浦徳子先生ごめんなさい……(土下座)

*1:「Sweety Girl」 歌:Sexy Zoneマリウス葉松島聡) 作詞:MiNE 作曲:Susumu Kawaguchi/Joakim Bjornberg/Christofer Erixon

*2:「Welcome to the paradise」 歌:Sexy Zoneマリウス葉) 作詞:Komei Kobayashi 作曲:馬飼野康二

*3:「CANDY ~Can U be my BABY~」 歌:Sexy Zone中島健人) 作詞:中島健人 作曲:Samuel Waermo

*4:「Party up!」 歌:Sexy Zone菊池風磨) 作詞:菊池風磨 作曲:Takuya Harada/STEVEN LEE/Drew Ryan Scott

*5:「君にHITOMEBORE」 歌:Sexy Zone佐藤勝利中島健人菊池風磨) 作詞:岩里祐穂 作曲:井手コウジ

*6:「ダンケ・シェーン」 歌:Sexy Zoneマリウス葉) 作詞:MiNE 作曲:Takuya Harada/Andreas Ohrn/Henrik Smith

*7:「Teleportation」 歌:Sexy Zone中島健人) 作詞:MEG.ME 作曲:Steven Lee/Drew Ryan Scott

*8:「私のオキテ」 歌:チキンバスケッツ 作詞:野島伸司 作曲:酒匂謙一

*9:「Mr.Jealousy」 歌:Sexy Zone中島健人) 作詞:中島健人 作曲:mOnSteR nO.9/Jo Hee

*10:「ぶつかっちゃうよ」 歌:Sexy Zone 作詞:三浦徳子 作曲:Scott Kingston/Joakim Bjornberg/Christofer Erixon/Takashi Ohmama

*11:「まだ見ぬ景色」 歌:Sexy Zone佐藤勝利) 作詞:村野直球 作曲:STEVEN LEE/Andreas Carlsson/Fredrik Hult/Andreas Oberg

*12:「Be Free」 歌:Sexy Zone 作詞:Komei Kobayashi 作曲:KIM, JUN HWI

*13:「Don't Stop Sexy Boyz!」 歌:Sexy Boyz 作詞:JINNY 作曲:Andreas Carlsson/Samuel Waermo

*14:「Love風」 歌:Sexy Zone中島健人) 作詞:中島健人 作曲:MiNE/Atsushi Shimada/Fredrik Samsson

*15:「It's Going Down!」 歌:Sexy Zone菊池風磨) 作詞:菊池風磨 作曲:Christofer Erixon/Joakim Bjornberg/STEVEN LEE

*16:「But...」 歌:Sexy Zone菊池風磨) 作詞:菊池風磨 作曲:Tommy Clint/Christofer Erixon/MiNE

*17:「...more」 歌:Sexy Zone菊池風磨) 作詞:菊池風磨 作曲:菊池風磨

*18:「誰にも解けないミステリー」 歌:Sexy Zone 作詞:森大輔 作曲:森大輔

*19:「GAME」 歌:Sexy Zone 作詞:ケリー 作曲:渡辺拓也

*20:「rouge」 歌:Sexy Zone菊池風磨) 作詞:ケリー 作曲:Steven Lee/Drew Ryan Scott

*21:「ディア ハイヒール」 歌:Sexy Zone中島健人) 作詞:中島健人 作曲:森大輔

*22:「Break out my shell」 歌:Sexy Zone松島聡) 作詞:zopp 作曲:Susumu Kawaguchi/Joakim Bjornberg/Christofer Erixon

*23:「勇気100%」 歌:Sexy Zone 作詞:松井五郎 作曲:馬飼野康二

*24:トラフィックジャム」 歌:Sexy Boyz/Sexy 松 作詞:MiNE 作曲:Susumu Kawaguchi/MiNE/Atsushi Shimada

*25:「Electric Shock」 歌:Sexy Zone中島健人菊池風磨) 作詞:ケリー 作曲:Jan Andersson/Peter Heden

*26:「Hello」 歌:Sexy Zone菊池風磨) 作詞:菊池風磨 作曲:E.ONE/JUNG CHANG WOOK

*27:「Hey!! Summer Honey」 歌:Sexy Zone中島健人) 作詞:中島健人 作曲:中島健人

*28:Lady ダイヤモンド」 歌:Sexy Zone 作詞:松井五郎 作曲:馬飼野康二

*29:「バィバィDuバィ~See you again~」 歌:Sexy Zone 作詞:Komei Kobayashi 作曲:ニホンジン/bansei.

*30:Sexy Summerに雪が降る」 歌:Sexy Zone 作詞:三浦徳子 作曲:Janne Hyoty/Martin Grano

*31:King&Queen&Joker」 歌:Sexy Zone 作詞:三浦徳子 作曲:Susumu Kawaguchi/Joakim Bjornberg/Christofer Erixon